範馬ヘッドのトンチキ観光

ゼウセンス神殿の高クスク伝

わたしたちの年金、もっとうまく運用してほしい

今日ポップアップニュースで株価や為替がまたすごく動いたと載っていて、

またなにかあったのかと思ったらどうも年金の運用を失敗したニュースで動揺が広がったみたいですね。

5兆3000億円の運用損。額が大きすぎてあきれちゃいますよね。本当にこんなことで日本の将来は大丈夫なんでしょうか。

わたしは特に投資や株式に詳しいわけではないんですが、そういった形で資産運用していない一般人の立場から見ると、株式投資とかってすごく個人的な考え方の気がして、

ギャンブルと言っては投資家の方に大変失礼なのは分かっていますが、今回は国政が思い立って投資した結果このように大損したというのは、

反対できる場も設けてもらえなかった年金を納めているわたしたちからすると、なんとも納得いきません。

といっても次の選挙で民主党以外に票を入れるしか自分たちの意思表示の場はないですし。

今の政権はアベノミクスとかいって一般人に投資を促そうとしていて、それはわたしは悪いことではないと思うのですが、

だったらこの際年金分を個人責任で投資に回した方が失敗してもまだ納得できるというものではないかと思います。

投資がいかに難しいかとはお察ししますが、国民が将来の備えとして政府に預けているお金をこのように大損されては不安が募る一方です。

若い方にはあきらめていらっしゃる方も多いと思いますが、本当に年金として返って来ないなら自分で保険でも定期預金でも貯めておきたいものです。

時同じくて、再度低所得者に対する臨時給付金のニュース速報もありましたが、結局一体なにがしたいのかわかりません。

そうすることでわたしたちの納めた税金がまたばらまかれ、預けた年金も運用失敗で減ってしまい、

国の懐からお金がどんどん減っていくのが一般人の人の財布とだぶって本当に不安になります。

政府は臨時給付や個人投資推進などによって国民の貯め込んでいるお金を使わせようとしていますが、

今回の2つのニュースで個人投資家は投資に二の足を踏み、低所得者将来に備えて懐に残しておく道を選択すること間違いありません。

コメントは受け付けていません。