範馬ヘッドのトンチキ観光

ゼウセンス神殿の高クスク伝

MacBOOKとiPadを使った交換性に付いて語る

最近のWi-Fi事情としてインターフェースとして此処に於いて、急激にシェアー数を増やし続けてるのはWi-Fi通信によるルーターの数では無いかと思う訳です。
私も仕事終わりに街中でカフェしながら愛用のMacBookAirを用いてビジネス作業を行う事が多くなったのですけど、その際に気に成るのがWiFiエリアだったり街中の出カフェや郊外のイベントホールでWi-Fiの設置が増えて飛ばせる環境が多く成って来たでも有ります。
特にFRLLWifiに至ってはiPadProやAirでは通信が可能なんですけど、MacBookAirに関して言えば何故か通信が出来ず折角の無料Wifiエリアに成っていても無駄に成ってしまうのが私に取っては大いにデメリットだけに単にWi-Fiと言っても自宅や社内で使用する固定型や移動通信等でも使うPCカード型の2つの分類に分けられると考えられます。
又、ExpressCard等のインターフェースが多い方はパソコン本体に内蔵されたルーター機能内蔵型の無線モデム又を「モバイルWiFiルーター」のPCが使い易いと思われています。
Wi-FiやイーサネットでPPPoE等ブリッジ接続、ルーター内蔵型はブロードバンド・インターネットの高速デジタル通信用として一目置かれて第3世代移動型通信システム所謂、3Gや最近ではモバイルWiMAXプラス2の様なワイヤレスモデム型が市場市場のシェアーを占めてる状態で有る現状を受けて、社内でのノートパソコンはUSBフラッシュメモリーカード型がSDメモリーカードと共に主流に成りつつあります。
そんな中で私が良く愛用して以前ではWindowsを中心にWiFiも303HWと最大でも7Gと制限されて来ましたが最近、MacBookAirに新しく買い替えた事も有って502HWは使い放題プランにしてる為、アドバンスモードにより寄り最適にネットライフが楽しめます。
それだけにiClodを使う回数も増えて作業を行うのもカフェやファーストフードエリアだけでは無くてもっと幅広くWifiエリアが使える範囲が広がると良いなっと思ったりもしています。

コメントは受け付けていません。